「 警備員の欠格事由 」 一覧

no image

問題263

交通誘導警備業務2級の検定に合格し、成績証明書を保有している17歳10か月の者は、警備員になれない。○か✖か?

no image

問題265

侮辱罪で2日前まで5日間、刑事施設に拘置されていた者は、警備員になれない。○か✖か?



no image

問題264

警備業法の規定に違反して30万円の罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、7年を経過した者は、警備員になれない。○か✖か?

no image

問題262

うつ病ではあるが、警備業務を適正に行うことができると医師の診断書から認められる者は、警備員になれない。○か✖か?

no image

問題261

破産者で復権を得て1年を経過した者は、警備員になれない。○か✖か?



no image

問題245

次は、警備業者又は警備員の欠格事由について述べたものであるが、精神機能に障害があっても、警備業務が適正に行い得ると医師の診断書によって認められる場合は、警備業者及び警備員になることはできる。○か✖か?

no image

問題244

次は、警備業者又は警備員の欠格事由について述べたものであるが、最近5年間に、警備業法の規定、警備業法に基づく命令の規定若しくは処分に違反し、又は警備業務に関し他の法令の規定に違反する重大な不正行為で国 ...

no image

問題243

次は、警備業者又は警備員の欠格事由について述べたものであるが、警備業法の規定に違反して罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して3年を経過した者は、警備業を営 ...



no image

問題242

次は、警備業者又は警備員の欠格事由について述べたものであるが、営業所ごと及び当該営業所において取り扱う警備業務の区分ごとに、第22条第1頂の警備員指導教育責任者を選任すると認められないことについて相当 ...

no image

問題241

次は、警備業者又は警備員の欠格事由について述べたものであるが、成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないものは、警備業を営むことができない。○か✖か?

Copyright© 交通警備業務2級問題 , 2024 All Rights Reserved.