「 警察機関等への連絡 」 一覧

no image

問題790

次は、警察機関等への連絡を行う場合の留意点について述べたものであるが、警察機関へ連絡を行う場合は、何時、何処で、何人が、何を、何故、如何にしてのすべての項目を網羅した報告をすることが義務付けられている ...

no image

問題789

次は、警察機関等への連絡を行う場合の留意点について述べたものであるが、高速道路では、非常電話は2キロメートル間隔(トンネル内は200メートル間隔)に設置されている。



no image

問題788

次は、警察機関等への連絡を行う場合の留意点について述べたものであるが、一旦、警察機関に連絡した後、時間経過等によって現場の状況が変化した場合は、追加連絡を行う。

no image

問題787

次は、警察機関等への連絡を行う場合の留意点について述べたものであるが、交通事故が発生した場合に警察機関へ連絡すべき内容は、交通事故が発生した日時、場所、死傷者及び負傷者の負傷の程度等であるが、負傷者等 ...

no image

問題786

次は、警察機関等への連絡を行う場合の留意点について述べたものであるが、交通誘導警備の現場において交通事故が発生した場合は、運転者等に警察機関への連絡義務があるため、警備員は二次災害防止措置のみを講じれ ...



no image

問題785

次は、警察機関等への連絡の重要性について述べたものであるが、警察機関等へ連絡する場合は、「巧遅」より「拙速」を心掛け、時機を失しないようにする。

no image

問題784

次は、警察機関等への連絡の重要性について述べたものであるが、警備業務は、契約先等との民事契約に基づいて行われているため、道路工事等の現場で事故等が発生した場合には、契約先と警備業者間の問題にとどめるよ ...

no image

問題783

次は、警察機関等への連絡の重要性について述べたものであるが、事件や事故が発生した場合の最終的な処置は、各種の強制的権限を有する警察機関等へ委ねる。



no image

問題782

次は、警察機関等への連絡の重要性について述べたものであるが、警備員が事件や事故を発見した場合にとり得る措置は、一般市民と同様の範囲内に限られる。

no image

問題781

次は、警察機関等への連絡の重要性について述べたものであるが、警備業務の特殊性から、警備員は、一般市民よりも事件や事故に遭遇する機会が多いと考えられる。

Copyright© 交通警備業務2級問題 , 2024 All Rights Reserved.