「 警備業務実施の基本原則 」 一覧

no image

問題70

次は、警備業務実施の基本原則について述べたものであるが、工事現場において、交通誘導警備業務に従事する警備員は、人や車両の危険を防止するため急を要するときは、道路交通法に基づきその通行を一時禁止すること ...

no image

問題69

次は、警備業務実施の基本原則について述べたものであるが、警備業務は、公共の安全と秩序の維持に当たる警察活動と本質的には同じ活動である。○か✖か?



no image

問題68

次は、警備業務実施の基本原則について述べたものであるが、警備員は、警備業務対象施設内で不審な人物を発見した場合、施設管理権に基づき、一般私人が行える以上の質問等を行う権限が認められている。○か✖か?

no image

問題67

次は、警備業務実施の基本原則について述べたものであるが、警備対象の倉庫に入ろうとしている者は、犯罪者であり、即、現行犯逮捕すべきである。○か✖か?

no image

問題66

次は、警備業務実施の基本原則について述べたものであるが、警備員は、現行犯人を逮捕したときは、直ちに検察官又は司法警察職員に引き渡す。○か✖か?



no image

問題65

次は、警備業務実施の基本原則について述べたものであるが、「干渉」とは、権限外のことに強いて介入し、相手の正当な活動を妨げようとすることをいう。○か✖か?

no image

問題55

次は、警備業務実施の基本原則について述べたものであるが、警備業務は公共性を有する業務であり、広く公共の安全と秩序の維持に当たる警察活動と本質は同じである。○か✖か?

no image

問題54

次は、警備業務実施の基本原則について述べたものであるが、警備業法第15条後段は、刑罰法令等に抵触しない行為であっても、他人の権利及び自由を侵害する行為、個人若しくは団体の正当な活動に不当な影響を及ぼす ...



no image

問題53

次は、警備業務実施の基本原則について述べたものであるが、警備業務対象施設内において、不審な人物を発見した場合は、施設管理権に基づき、私人として許される範囲内で質問を行えるだけで、警察官職務執行法に定め ...

no image

問題52

次は、警備業務実施の基本原則について述べたものであるが、警備業法第15条前段は、警備業務を実施するに当たっては、あくまでも私人のいわゆる管理権等の範囲内で行わなければならないことを注意的に定めたもので ...

Copyright© 交通警備業務2級問題 , 2024 All Rights Reserved.