「 警備業務の実施 」 一覧

no image

問題60

次は、警備業務の実施に当たって留意すべき事項を述べたが、警備員が現行犯人を逮捕した場合は、直ちに検察官又は司法警察職員に引き渡さなければならない。○か✖か?

no image

問題59

次は、警備業務の実施に当たって留意すべき事項を述べたが、警備員は、警備業務対象施設内で不審な者を発見した場合に、施設管理権に基づき必要な範囲内で質問を行うことはできるが、所持品検査等を行うことはできな ...



no image

問題58

次は、警備業務の実施に当たって留意すべき事項を述べたが、交通誘導警備業務に従事中、火災現場へ急行する消防用自動車が接近してきた場合、警備員は、一時的に道路交通法の特例によって警察官と同様の強制力を持っ ...

no image

問題57

次は、警備業務の実施に当たって留意すべき事項を述べたが、警備員には何ら特別な権限がないため、現行犯人を逮捕した場合であっても、取調べ行為を行うことはできない。○か✖か?

no image

問題56

次は、警備業務の実施に当たって留意すべき事項を述べたが、交通誘導警備業務は、通行する人や車両の協力を得て行う任意のものである。○か✖か?



no image

問題30

次は、警備員が警備業務の実施に当たって留意すべき事項について述べたものであるが、交通誘導実施中に緊急車両が接近してきたとしても、警備員は、警察官と同様の法令に基づく強制力を持った交通整理を行うことはで ...

no image

問題29

次は、警備員が警備業務の実施に当たって留意すべき事項について述べたものであるが、工事現場において行う交通誘導警備業務は、通行者の任意の協力を得て行うものである。○か✖か?

no image

問題28

次は、警備員が警備業務の実施に当たって留意すべき事項について述べたものであるが、警備員は、現行犯人として逮捕した犯人であっても取調べ類似行為を行うことはできない。○か✖か?



no image

問題27

次は、警備員が警備業務の実施に当たって留意すべき事項について述べたものであるが、現行犯人を逮捕した場合には、直ちに警察官等に犯人を引き渡す。○か✖か?

no image

問題26

次は、警備員が警備業務の実施に当たって留意すべき事項について述べたものであるが、警備業務対象施設内において、不審な人物を発見したときは、施設管理権に基づき私人として許される範囲内で質問及び簡単な身体検 ...

Copyright© 交通警備業務2級問題 , 2024 All Rights Reserved.