「 警備員の受傷事故防止 」 一覧

no image

問題725

次は、警備員の受傷事故防止等についての記述であるが、後進車両を誘導する場合は、音声又は警笛を併用する。○か✖か?

no image

問題724

次は、警備員の受傷事故防止等についての記述であるが、夜間の交通誘導警備業務に際しては、必ず夜光チョッキを着用し、照度の十分な誘導灯を使用する。○か✖か?



no image

問題723

次は、警備員の受傷事故防止等についての記述であるが、交差点において誘導を行う場合には、車両の内輪差に気をつける必要があるが、外輪差については、さほど気を配る必要はない。○か✖か?

no image

問題722

次は、警備員の受傷事故防止等についての記述であるが、起重機等は、急に旋回、前進、後退等をするので、特にその動きに注意する。○か✖か?

no image

問題721

次は、警備員の受傷事故防止等についての記述であるが、一般の歩行者や車両から警備員が見えやすく、また、警備員からも一般通行車両等が容易に確認できる位置を選定する。○か✖か?



no image

問題720

次は、警備員が交通誘導警備業務を行う場合の位置を選定するうえでの留意事項についての記述であるが、交差点や曲がり角等で誘導を行う場合は、一般車両の内輪差等を考慮した安全な位置に立つ。○か✖か?

no image

問題719

次は、警備員が交通誘導警備業務を行う場合の位置を選定するうえでの留意事項についての記述であるが、一般の歩行者、車両等から警備員自身の存在が容易に確認できる位置に立つ。○か✖か?

no image

問題718

次は、警備員が交通誘導警備業務を行う場合の位置を選定するうえでの留意事項についての記述であるが、原則として、車道の左側端又は道路工事のために設けられた保安柵の外側に立つ。○か✖か?



no image

問題717

次は、警備員が交通誘導警備業務を行う場合の位置を選定するうえでの留意事項についての記述であるが、警備員から周辺の交通状況を見渡すことができる位置に立つ。○か✖か?

no image

問題716

次は、警備員が交通誘導警備業務を行う場合の位置を選定するうえでの留意事項についての記述であるが、現場は足元が不安定な場所が多いため、転倒やすべり等による受傷がないよう安全な位置を選んで誘導する。○か✖ ...

Copyright© 交通警備業務2級問題 , 2024 All Rights Reserved.