「 正当防衛及び緊急避難 」 一覧

no image

問題340

次は、正当防衛及び緊急避難についての記述であるが、正当防衛は、相手の不正な侵害から引き起こされているため、防衛行為として、相当な手段を逸脱したとしても、過剰防衛等にはならない。○か✖か?

no image

問題339

次は、正当防衛及び緊急避難についての記述であるが、不正な侵害行為を行った犯人が、のちに心神喪失者であることが判明しても、行為の違法性は阻却されないので、正当防衛は成立しうる。○か✖か?



no image

問題338

次は、正当防衛及び緊急避難についての記述であるが、緊急避難は、他人の違法でない行為や人の行為でない自然現象などによって「現在の危難」が生じ、その危難を避けるための避難行為が、第三者の権利を侵害したとき ...

no image

問題337

次は、正当防衛及び緊急避難についての記述であるが、緊急避難は、他にとるべき手段がある場合には、その方法をとらなければならない。○か✖か?

no image

問題336

次は、正当防衛及び緊急避難についての記述であるが、正当防衛における侵害は、人の不正な侵害をいうので、自然現象による危難は含まない。○か✖か?



no image

問題335

次は、正当防衛及び緊急避難についての記述であるが、A警備員が交通誘導警備業務に従事中、通行人Bがいきなり隠し持っていた包丁でA警備員に襲いかかってきた。A警備員は身の危険を感じ、所持していた誘導灯でB ...

no image

問題334

次は、正当防衛及び緊急避難についての記述であるが、A警備員が交通誘導警備業務に従事中、通行人Bがいきなり隠し持っていた包丁でA警備員に襲いかかってきた。A警備員は身の危険を感じ、所持していた誘導灯でB ...

no image

問題333

次は、正当防衛及び緊急避難についての記述であるが、正当防衛における侵害には、台風や災害による自然侵害も含まれる。○か✖か?



no image

問題332

次は、正当防衛及び緊急避難についての記述であるが、緊急避難は、第三者からの侵害行為に対する反撃行為である。○か✖か?

no image

問題331

次は、正当防衛及び緊急避難についての記述であるが、正当防衛及び緊急避難は、ともに他にとるべき手段のない場合に限定される。○か✖か?

Copyright© 交通警備業務2級問題 , 2024 All Rights Reserved.