「 正当防衛 」 一覧

no image

問題330

2018/03/19   -関係法令
 

次は、正当防衛についての記述であるが、万引をした者に対して、警戒棒で打撃を与える行為は、一般的にいって、正当防衛として相当な限度を超えた実力行使といえる。○か✖か?

no image

問題329

2018/03/19   -関係法令
 

次は、正当防衛についての記述であるが、正当防衛行為は、「自己又は他人の権利を防衛するため」のものでなければならない。○か✖か?



no image

問題328

2018/03/19   -関係法令
 

次は、正当防衛についての記述であるが、正当防衛は、緊急避難と同様、必ず他にとるべき手段のない場合に限定される。○か✖か?

no image

問題327

2018/03/19   -関係法令
 

次は、正当防衛についての記述であるが、正当防衛として相当な程度を超えた実力行使は、情状によりその刑が減軽又は免除されるに過ぎない。○か✖か?

no image

問題326

2018/03/19   -関係法令
 

次は、正当防衛についての記述であるが、正当防衛としての行為は、たとえ犯罪の構成要件に該当しても、侵害排除のために必要な限度を超えない限り、違法でない行為となる。○か✖か?



no image

問題325

2018/03/19   -関係法令
 

次は、正当防衛に関する記述であるが、正当防衛の要件は、刑事訴訟法によって定められている。○か✖か?

no image

問題324

2018/03/19   -関係法令
 

次は、正当防衛に関する記述であるが、正当防衛行為は、行き過ぎがあり、相手にけがをさせることになったとしても処罰されることはないが、損害賠償等の責任は負う。○か✖か?

no image

問題323

2018/03/19   -関係法令
 

次は、正当防衛に関する記述であるが、正当防衛行為に対して、正当防衛を行うことは認められている。○か✖か?



no image

問題321

2018/03/19   -関係法令
 

次は、正当防衛に関する記述であるが、一般に緊急避難は、「不正」対[正]の関係であるのに対し、正当防衛は、「正」対[正]の関係にある。○か✖か?

no image

問題322

2018/03/19   -関係法令
 

次は、正当防衛に関する記述であるが、正当防衛は、急迫不正の侵害に対して認められるものであるから、侵害が既に終ってしまった場合には認められない。○か✖か?

Copyright© 交通警備業務2級問題 , 2024 All Rights Reserved.