「 検定制度 」 一覧

no image

問題160

次は、検定制度に関する記述であるが、公安委員会は、警備業法第3条第1号から第7号までのいずれかに該当する者及び合格証明書の返納を命ぜられ、その日から起算して3年を経過しない者に対しては、合格証明書の交 ...

no image

問題159

次は、検定制度に関する記述であるが、国家公安委員会の登録を受けて行われる登録講習機関が行う講習会を受講し、その課程を修了した者については、実技試験だけが免除される。○か✖か?



no image

問題158

次は、検定制度に関する記述であるが、2級検定合格警備員には、警備現場において自らの判断で適正な警備業務を実施する能力を有していることが求められている。○か✖か?

no image

問題157

次は、検定制度に関する記述であるが、現在検定が行われているのは、空港保安警備業務、施設警備業務、雑踏警備業務、交通誘導警備業務、核燃料物質等危険物運搬警備業務、貴重品運搬警備業務の6種別である。○か✖ ...

no image

問題156

次は、検定制度に関する記述であるが、検定は、警備員が警備業務を行うのに必要な一定水準以上の知識と能力を備えていることを公的に認定する制度である。○か✖か?



no image

問題155

次は、検定制度について述べたものであるが、公安委員会は、合格証明書の返納を命ぜられ、その日から起算して5年を経過しない者に対しては、合格証明書の交付を行わない。○か✖か?

no image

問題154

次は、検定制度について述べたものであるが、1級検定は、2級検定に合格した後、当該警備業務に従事した期間が1年以上の者でないと受けることができない。○か✖か?

no image

問題153

次は、検定制度について述べたものであるが、警備業者は、検定合格警備員に実施させなければならない警備業務を行うときは、当該警備具に当該合格証明書を携帯させ、かつ、関係人の請求があるときは、これを提示する ...



no image

問題152

次は、検定制度について述べたものであるが、検定は、検定を受けようとする者が、都道府県公安委員会が行う学科試験及び実技試験を受ける方法と、登録講習機関が行う講習を受講し、その課程を修了して、学科試験及び ...

no image

問題151

次は、検定制度について述べたものであるが、18歳未満の者であっても検定を受けることができる。○か✖か?

Copyright© 交通警備業務2級問題 , 2024 All Rights Reserved.