「 服装及び護身用具 」 一覧

no image

問題300

次は、服装及び護身用具についての記述であるが、警戒じょうは、特定の警備業務に限り携帯することができる。○か✖か?

no image

問題299

次は、服装及び護身用具についての記述であるが、服装及び護身用具の届出をせず又は届出書に虚偽の記載をして提出した者は、罰則の適用がある。○か✖か?



no image

問題297

次は、服装及び護身用具についての記述であるが、警備業者は、警備業務を行う区域を管轄する都道府県公安委員会に警備業務を行うに当たって用いる服装の届出書を提出する。○か✖か?

no image

問題296

次は、服装及び護身用具についての記述であるが、警備員が警備業務を行うに当たって用いる服装は、警察官及び海上保安官の制服と色、型式等が明確に識別することができるものを用いる。○か✖か?

no image

問題298

次は、服装及び護身用具についての記述であるが、施設警備業務に従事する警備員は、警備業務を行うに当たり、金属製の楯を携帯することができる。○か✖か?



no image

問題290

次は、服装及び護身用具に関する記述であるが、「制限する」とは、時間、場所、警備業務の内容等によって、あるときにはその携帯を禁止し、あるときにはその携帯を認める等の制約を加えることをいう。○か✖か?

no image

問題289

次は、服装及び護身用具に関する記述であるが、護身用具について都道府県公安委員会規則を定めて、警備業者及び警備員に対して、その携帯を禁止し、又は制限することができる。○か✖か?

no image

問題288

次は、服装及び護身用具に関する記述であるが、警備業者及び警備員が着用する服装は、一般通常人が一見して、警察官等と誤認しない程度に異なっている服装を用いる。○か✖か?



no image

問題286

次は、服装及び護身用具に関する記述であるが、警備員は警備業務を行うに当たって、人の身体に重大な害を加えるおそれのあるものを携帯してはならない。○か✖か?

no image

問題287

次は、服装及び護身用具に関する記述であるが、公営競技場で部隊を編成して警備業務を行う場合は、警備員は警戒棒及び警戒しょうを携帯してはならない。○か✖か?

Copyright© 交通警備業務2級問題 , 2024 All Rights Reserved.