「 憲法第33条 」 一覧

no image

問題313

2018/03/19   -関係法令
 

次は、憲法第33条の「令状主義」に関する記述であるが、憲法第33条にいう「権限を有する司法官憲」とは、警察官又は検察官のことをいう。○か✖か?

no image

問題315

2018/03/19   -関係法令
 

次は、憲法第33条の「令状主義」に関する記述であるが、憲法第33条は、逮捕状によることを要しない場合として「現行犯」を挙げているが、現行犯には「準現行犯」も含まれる。○か✖か?



no image

問題314

2018/03/19   -関係法令
 

次は、憲法第33条の「令状主義」に関する記述であるが、現行犯逮捕を令状主義の例外としたのは、犯罪と犯人が明白であり、犯人を逮捕しなければ逃走するおそれがあることなどから、逮捕権の濫用となるおそれが少な ...

no image

問題312

2018/03/19   -関係法令
 

次は、憲法第33条の「令状主義」に関する記述であるが、司法官憲が令状を発する際の判断事項は、犯罪の嫌疑の有無のみならず、逮捕の必要性の有無にも及ぶことは当然である。○か✖か?

no image

問題311

2018/03/19   -関係法令
 

次は、憲法第33条の「令状主義」に関する記述であるが、憲法第33条は「何人も現行犯として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕 ...



no image

問題303

2018/03/19   -関係法令
 

次は、憲法第33条についての記述であるが、現行犯として逮捕される場合であっても、令状が必要である。○か✖か?

no image

問題305

2018/03/19   -関係法令
 

次は、憲法第33条についての記述であるが、「令状」とは、逮捕令状等をいう。○か✖か?

no image

問題304

2018/03/19   -関係法令
 

次は、憲法第33条についての記述であるが、憲法第33条は、不法の逮捕を受けない権利について規定している。○か✖か?



no image

問題302

2018/03/19   -関係法令
 

次は、憲法第33条についての記述であるが、「司法官憲」とは、裁判官のことをいう。○か✖か?

no image

問題301

2018/03/19   -関係法令
 

次は、憲法第33条についての記述であるが、「逮捕」とは、犯罪の容疑が相当確実であると思われる場合に、実力をもって身体の自由を拘束する行為をいう。○か✖か?

Copyright© 交通警備業務2級問題 , 2024 All Rights Reserved.