「 合図の確実な伝達方法 」 一覧

no image

問題695

次は、合図の確実な伝達方法を挙げたが、後進する車両を誘導する際は、警笛を使用するほか、右折等をさせる場合は、必ず運転者と事前の打合せを行う。○か✖か?

no image

問題694

次は、合図の確実な伝達方法を挙げたが、周囲のエンジン音やその他騒音のため、誘導の対象となる車両からはもちろん、他の車両の運転者からも警備員がよく見え、車両に接触するおそれのない位置を選定する。○か✖か ...



no image

問題693

次は、合図の確実な伝達方法を挙げたが、周囲のエンジン音やその他騒音のため、合図は、誘導しようとする車両の運転者が合図を十分視認できる安全な位置に立ち、当該車両の速度等を掌握して行う。○か✖か?

no image

問題692

次は、合図の確実な伝達方法を挙げたが、周囲のエンジン音やその他騒音のため、自己流の合図や不必要な動作は、相手方を困惑させるだけでなく、正確に伝わらない。○か✖か?

no image

問題691

次は、合図の確実な伝達方法を挙げたが、周囲のエンジン音やその他騒音のため、合図が運転者に確実に伝わらないと認められるときは、必ず運転者に声が聞こえる位置まで近づき誘導する。○か✖か?



no image

問題650

次は、合図の確実な伝達方法について述べたが、車両の運転者が余裕を持って停止できるよう、警備員は当該車両から工事現場までの距離、車両の速度等を把握して行う。○か✖か?

no image

問題649

次は、合図の確実な伝達方法について述べたが、警備員から進行してくる車両が確認でき、車両の運転者からも合図を行う警備員の姿が確認できる位置を選定して行う。○か✖か?

no image

問題648

次は、合図の確実な伝達方法について述べたが、周囲の騒音等によって、警備員の合図が運転者に伝わりにくいときは、警笛や拡声器を積極的に活用する。○か✖か?



no image

問題647

次は、合図の確実な伝達方法について述べたが、パワーショベルなどは、急に旋回、前進及び後退することがあるので、常に安全な距離を保ち、運転者から警備員の合図が確認できる位置を選定して行う。○か✖か?

no image

問題646

次は、合図の確実な伝達方法について述べたが、合図を行う場合は、停止を求めようとする車両よりも数台後方の車両に対して合図を行うことがよい。○か✖か?

Copyright© 交通警備業務2級問題 , 2024 All Rights Reserved.