「 危険予知 」 一覧

no image

問題860

次は、危険予知に関する記述であるが、警備員は、自分が誘導する相手方だけでなく、その後続車両や対向車、付近にある様々な物品、子供や老人の動向、犬などの動物の飛び出し、その他あらゆるものに注意し、それが事 ...

no image

問題859

次は、危険予知に関する記述であるが、交通誘導を行う警備員は、原則として、安全が確保された場所に位置すべきであり、たとえ保安柵の内側であっても、警備員の左右に資機材等があり、動きがとれないような場所では ...



no image

問題858

次は、危険予知に関する記述であるが、子供の行動特性として、興味のあるものに集中し、その他のことには全く注意を払わないという特性を持っているため、道路の反対側に母親がいるのを見つけると、交通の状況に関係 ...

no image

問題857

次は、危険予知に関する記述であるが、交通誘導警備業務は、通行する車両等との間に信頼の原則がなければ成り立たないため、誘導の対象となる運転者の運転技術を信用して、常に感謝の気持ちを持って誘導する。○か✖ ...

no image

問題856

次は、危険予知に関する記述であるが、車両の操舵特性として、車両が左右に曲がる際には遠心力が働き、車両の安定力よりも遠心力が勝った場合にその車両は横転する。また、車両が横転しなくとも、積荷が遠心力によっ ...



no image

問題855

次は、危険予知についての記述であるが、一般通行車両が警備員の停止の合図を見たら、減速するか車線を変更するであろうと安易に相手を信頼することは非常に危険である。実際には赤信号を無視したり、遮断機をはね飛 ...

no image

問題854

次は、危険予知についての記述であるが、警備員は多くの事故事例を研究し、その事故の原因について理解するとともに、様々な事故の原因となる事象を学びとることによって、受傷事故が防止できる。○か✖か?

no image

問題853

次は、危険予知についての記述であるが、目の前に障害物が急に飛び出してきた場合、大半の運転者はハンドルを切ることもできずにそのまま障害物に衝突してしまう。○か✖か?



no image

問題852

次は、危険予知についての記述であるが、子供は自分の興味のあるものに対して意識が集中し、その他のことには全く注意を払わないという特性を持っている。○か✖か?

no image

問題851

次は、危険予知についての記述であるが、一般的に高速道路において運転者が100メートル手前で危険に気がついた場合、時速100キロメートルの速度が出ていればその障害物の手前で止まることはできない。○か✖か ...

Copyright© 交通警備業務2級問題 , 2024 All Rights Reserved.